top of page

上越教育大学付属小学校にバイオマスプラスチックの箸を寄贈

上越教育大学付属小学校で使われて不要になった間伐材の箱を、バイオマスプラスチックの箸にリサイクルして小学校に寄贈しました。

滑り台などの「どんどんアドベンチャー」として遊んだ思い出の木が箸として生まれ変わり、懐かしそうに手にした児童のみなさんは、さっそく給食で使ってくれました。

環境のことについて興味を持つきっかけになってくれたら嬉しいです。


間伐材でできた木箱を使って作られた      この木箱を木粉にし、その木粉を使っ「どんどんアドベンチャー」          てお箸と箸置きを作りました。   




最新記事

すべて表示

令和4年6月20日(月曜日)に、上越市立大和小学校の5年生23名の皆さんに出前授業を行いました。 今回は、お米の勉強の一環で、お米が無駄なく利用されていることをお話ししました。 授業の終わりには、チャイムが鳴ってもたくさん質問してくださり、積極的に取り組んでもらえてとても楽しい授業となりました。 児童の皆さんが、今まで以上にバイオマスプラスチックのことを知り、地球環境について考えてもらえる機会にな

bottom of page