top of page

壁紙廃材を使ったバイオマスプラスチック「BMペレット 紙ペレ」販売開始

株式会社バイオポリ上越、株式会社大崎製作所、フドー株式会社の3社で共同開発した壁紙由来パルプ51%含有の「BMペレット 紙ペレ」が発売されました。

現在、住宅や施設などで使用されてる壁紙のほとんどが塩化ビニルから作られています。塩ビはリサイクルが難しいとされル素材で、これまで出た壁紙廃材の多くが焼却または埋立てによって処理されていました。

紙ペレは、壁紙廃材から塩ビを除去してパルプ化したものをポリプロピレンと複合することで、これまでリサイクルが難しかった壁紙廃材を、再び成形可能なプラスチック原料として

生まれ変わらせました。

押出・射出成形が可能で、理容店の使い捨てのくし等に利用していただいています。


最新記事

すべて表示

令和4年6月20日(月曜日)に、上越市立大和小学校の5年生23名の皆さんに出前授業を行いました。 今回は、お米の勉強の一環で、お米が無駄なく利用されていることをお話ししました。 授業の終わりには、チャイムが鳴ってもたくさん質問してくださり、積極的に取り組んでもらえてとても楽しい授業となりました。 児童の皆さんが、今まで以上にバイオマスプラスチックのことを知り、地球環境について考えてもらえる機会にな

bottom of page